読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超低反発枕草子

もうすぐ24歳社会人2年目。行き場のない独り言の掃き溜め

季節の移り変わりが美しいと思った

戯言

気付いたら夏が終わりそう。

今年の夏は、幼いころぶりに夏らしい夏でした。

サビ残まみれのため9月のお給料はピンチなのですが、んまぁ、ちゃんと自炊すれば大丈夫か、、な?2年目はまだまだ安月給なんだわ。泣

 

ところで表に出ると風がふわっとさらっと心地よくてビックリする。あぁそうか秋が来たのね。こんにちはですね。1年のうちほんのちょっとの、この人間にちょうどいい気温を楽しめる時期、貴重です。

 

こんな風に考えるなんて年取ったのかねぇ。

それとも、、うーん、うーん。(笑)

 

うわーどうしよなんにもオチがありません。

ごめんなさいねーーー。

 

夏を懐かしむ歌です。

SUMMER SONG

SUMMER SONG

 

花火と自撮り棒と会話と。

戯言
スマホを画面側を下にして垂直落下させてしまったのでバキフォンになってしまいました。
悲しみがすごい。
「つ」と「う」とか、微妙な違いを読み取りにくくなりました。あと、ガラスがポロポロ剥がれてくる。危ないわ。

ところで先日は巷でクオリティが高すぎると有名な花火大会に行ってきました。
花火が打ち上がるとワーッと盛り上がってみんなスマホでシャカシャカ撮り始める。私も撮る。連写とかもしてみる。
途中で気づくけど、私チビなのでぜんぜん撮れない。前の人のスマフォが写る写る!!

f:id:carrotandaubergine:20160814021254j:image

↑一応著作権?とか気にして、前の人の画面が写ってないやつにしました。

依然として写真は上手くない。ツレのAndroidも、謎の赤い線が写って綺麗に写らない。

あ、先日からやたらツレが登場しますが、男なんて馬鹿だからとかいう記事を書きながら、ごめんなさい、実はあの後ツレが出来てしまいました。(なんとなくちゃんと書いておきたかった)

とにかく、チビゆえに写真に前の人の画面が写ることは仕方ないことなんです。しかし、途中でなんだか不思議な気持ちになってきました。

「画面がまぶしい!!!」

花火大会なんて幼少の頃ぶりだったので忘れてましたが、技術は確実に、果てしなく進歩していました。一億総カメラ社会です。写ルンですじゃないンです。


上手く撮れないことに気付いたツレと私は早々に諦めて、脳内に焼き付けることに専念しました、が、他、だれも諦めない。むしろ自撮り棒を高々と掲げて堂々とカシャカシャやりよる!!!あほ!!!ここでこっそり言うけどドアホ!!!!マナーを考えなさい!!!見えん!!!チビでなくとも見えんわい!!!!!その前に画面がキラキラ鬱陶しいわい!!!!

とかいう私は花火師さんの休憩時間?みたいな花火と花火の合間に、「炎色反応ー!」とか「この時間が次の美しい花火連打の成功に繋がるんだぜっ」とかずっと喧しかった。ごめんなさい。原始的なマナー違反だわ。。。






チリンチリンが鳴らせない

戯言
風邪が治り切りません。年かな?いやまだ23だよ(T ^ T)若造だよ(T ^ T)

ところで表題の通りです。
自転車のチリンチリンが鳴らせません。
ブレーキの音でさりげなく気付いて貰いたいのですが、自転車は今年買った新しいやつなのでブレーキ無音。シューッて言います。キィーッて言わない。
それで無理やり避けようとして植え込みに突っ込む、塀で手を擦りむく等悲惨。ガコガコガコッて衝突音が鳴ってから気付く歩行者の方々。

なんでかチリンチリンという音は「どいてください邪魔です通れないですプンプン」って攻撃的に翻訳されるのではないかと恐れて恐れて…(何れにせよ通れないからどいてほしくて鳴らすものなのに)小心者にはつらいところです。

明日から鳴らしてみよう。もう変な避け方して擦り傷増やしたくない…明日から。

あーぁ早く風邪完治したい…お酒飲めないもん…咳止めとゆるい抗生物質生活はつらいです。朝ごはんに乳製品も摂れないのもつらい…

今日の一曲は大好きな欅坂の「サイレントマジョリティー」で。





タチの悪い夏風邪にご用心

戯言
ご無沙汰しております。
タチの悪い夏風邪をひいておりました。
まさかの体調不良により「きょうは会社休みます。」をやらかしてしまうなどもありました。
えっと、気付いたら月間100pvになっていました。ありがとうございます。恥ずかしいですねぇにやにや。

ところで夏風邪流行ってるよ!とよく聞くのですが、ほんとに?ほんとに流行ってる?オフィスでもスーパーでも公共交通機関でもマスクで咳き込んでるの明らかに私だけなんですけど??私から流行らせるの?夏風邪のミューズ?!ミュージックスタート?!

はい。どんな風邪かといいますと、
1, とにかく咳き込む。ねちっこい痰の絡んだ咳。
2, 喉はあんまり痛くない。喉からの咳ではなく肺がやられつちまつたような咳。
3, 鼻水が出る出る。蓄膿症寸前と言われました。そのせいで頭もガンガンに痛い。薬の飲み合わせの関係上、痛み止めを下手に飲めないのでこれはつらい。
4, 熱も結局38.2度くらいまで出ました。測ってなかったときに最高8度5分くらいあったと思う。うなされました。

とにかく頭はぼーっとするし一回咳き込んだら吐きそうになるまで収まらないし、ハタから見たら「うわぁ近寄んな移るやんけ」っていう典型的な風邪ひきっぷりです。
周りにいろんな意味で迷惑がかかるので結局2日休んじゃいました。

休んでる間は実に良かった。しんどかったけど。5年分くらい寝溜めしたし、うたた寝しながらウォーターボーイズの再放送観たし、そもそも合法的に(?)働かなくてもいいっていうだけで精神衛生的にも良かった。病院に行く以外は熱と頭痛で表に出られなかったので仕事終わりのツレを召喚して買い出ししてもらって、稲庭風うどんをすすりながら北川景子のドラマを観るなどよくわからない過ごし方もしました。だって何か買い出ししようかって言ってくれたんだもん。。ここはお言葉に甘える(風邪移してないかまじで不安だわ)

私は喋るとわりと元気になるタイプの人なのでそのまま復活ということにして出社。ここからが辛かった。仕事のシワ寄せ。シワシワやんけー!!!!帝国ホテルのクリーニングの人もびっくりぽんやんけー!!!!!
「仕事」の響きだけで強くなれる気はしないし十分吐けるし風邪ぶり返せるし。

結論: 体調不良ダメ絶対。
考察: 自業自得。

皆さんも風邪には気を付けてくださいね。
さぁー土曜日だー寝よっ。

今日の一曲は
チャットモンチーで「ハナノユメ」

ハナノユメ

ハナノユメ


にくきもの

枕草子
手で押さえないで咳する向かいの席。
自転車の、一寸たりとも避けようとしないやつ。
後は干すだけの洗濯物。
朝の、やかましいワイドショー。

無駄に不安になる健康番組。
なぜか重くなる通勤カバン。
寝汗をかいた後のシーツ。
遠回しなお願い。

そして、
知らぬ間に過ぎている時間。

「ガールズルール」が良い!!

感想
最近ぶっ通し何時間もやってる歌番組多いですよね。その度48と46の皆さんが出てきますよね。しかも皆んな夏歌なので同じのが流れる。
HKTはメロンジュース
ポニーテールとシュシュは自然と河本氏の合いの手が浮かんできます。俺は羽子板食う〜〜

とまぁ、その中でも何回も聴いて好きになった歌があります。
昨日のFNSうたの夏まつり2016でも披露してましたね〜

乃木坂46の「ガールズルール」
ガールズルール

ガールズルール


自称インドアアクティブ小金持ちは行動が早いよ。
早速ダウンロードしました。
まいやんと同い年だからね、私。さっしーも同い年だし、まだキャピキャピしてても怒られないのでは?とかいう錯覚に陥ることがたまーにあります(あかんやつ)
ちなみにきゃりーぱみゅぱみゅ剛力彩芽もトリプルスリーの山田哲人も同い年。きゃーすごいっ。でも最初に有名になった同級生は絶対久住小春。ほら、かの有名な「きらりん☆レボリューション」(ここで軽くジェネレーションギャップ)

話が逸れました。

乃木坂の「ガールズルール」ですが
歌詞とリズムが非常に良いです。とっても可愛い。
歌詞はこちらからどうぞ

部活のメンバーと思い出作りの合宿というわけで、最後の夏が始まるのよ。このシチュエーションだけで青春時代が蘇りますね。

『ガールズルール 彼を好きになって
一緒にいつも泣いたり笑ったりしたよね』

合宿の夜キャーキャーしましたね。先輩かっこいいとか。誰々くんのこと好きとか。まぁどちらかと言えばキャーキャーというよりギャーギャーだし、スマブラしてたし、ウィイレもしてたし、呪怨も観てた。何しに来たんやって感じよね。
インドアアクティブも楽しく合宿してましたよ昔は。気持ちはアクティブだからね。

『パパやママに言えない秘密の話
   いっぱいこの海に流したら忘れよう』

ここもいいですね!この部分からは、高校生って感じがするねぇ!たぶん失恋しちゃったんだろうね。そうそう、海に流そう。泣け泣け、泣き疲れるまで泣いちゃえ。二十歳を越えるとそこに酒が入ってリアル「酒と泪と男と女」状態になるから気をつけてね。

大人になったらいつかあの頃のガールズルールを思い出すのでしょうねぇ。今ちょっと思い出してるし。友達っていいなぁ〜〜
でも、大人もなかなかいいもんだぞ!
透明な色(Type-B)

透明な色(Type-B)



男なんて馬鹿だから

婚活
一応世間では婚活中(まだそんな積極的に探していこうという気分にはなれないのですが)ということになっていまして、
世の中にある様々な「パーティー」の話を聞くわけです。
とりあえず参考にしようかなと話はちゃんと聞くのです。多分「東京タラレバ娘」を読んだら私一発でノックダウンでしょうね。
まだ23だから完全に調子に乗ってます。25くらいまでだと「パーティー」では恐ろしいくらい需要があるらしい。まだ「パーティー」には行ったことないのですが。

自分は鈍感と言われますが鈍感ではありません。どちらかというと自惚れています。だからお誘いがあっても、また自惚れているだけだ、と言い聞かせ、はっきり言葉にされたこと以外は信じません。だいたい自惚れていたことの方が多いです。警戒しまくった結果鈍感、ということになります。
サシでご飯に行ったからって絶対自分に気があるわけじゃないし。
ホラなにこれ、めんどくせぇ〜〜!!
(ご飯に行って幻滅されたパターン、最初から友達としてご飯に誘われていたパターン等あります)

んまぁ私の話はおいといて、
アドバイスをしてくれる人(男)の話を聞いていますと、「男なんて馬鹿だからちょっとおだてたらすぐ振り向いてくれる」みたいなことを聞くんですね。

そんな訳ないわい!!!!!!!


ちょっと言葉キツくなりますけど…
1, 男なんて馬鹿だからと思っている時点で女も馬鹿なのでは?!
2, 女慣れしてる男はその辺の駆け引きをよく知っている(心の中で笑ってるのかもね)
↑この考え方が既にひねくれている
3, そもそも男慣れしてない女は男を手玉にとれない(要領がわからないのです)
4, もう気に入った人に直球で気に入られるしかない

ここで私の青春のバイブル「ハチミツとクローバー」より名言をひとつ

「自分のいちばん好きな人が
   自分の事をいちばん好きになってくれる
   たったそれっぽっちの条件なのに
   どうしてなの 永遠に揃わない気がする」

くぅ〜〜っ(楽天カードマン)
ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

直球でかかってこいよ、ってことですね
こないだ読んだ漫画でも言ってた。
うぬぼれハーツクライ 1 (マーガレットコミックス)

うぬぼれハーツクライ 1 (マーガレットコミックス)

年を重ねるほどにあのころ(?)とは違った意味で不器用になっていくね。


そしてウダウダ考える中で、
結局「結婚してない」ことが嫌なんじゃなくて、「結婚してない自分」という社会的ステータスが嫌なんだろうね。という結論に達しました。

とりあえず「パーティー」には行くべきだと思いましたとさ。
また違う発見があるのかもね。



キュンキュンする歌でも聴きましょう。
(なんだかさり気なくマンガ・アニメ特集になったような気がする?!)