読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超低反発枕草子

もうすぐ24歳社会人2年目。行き場のない独り言の掃き溜め

高いファンデーションを使い始めたらなんとなく垢抜けた話

1日の終わりは呆気ないですわ。

化粧し始めたのは大学入学してからです。よくある感じ。
始めはとにかく何をどうすればいいのかわからないんです。わからなさすぎてカラーフィールドにとりあえず行きました。(PLAZAみたいなやつ)

とりあえず。もうホントとりあえず。CMで聞いたことあるメイベリンニューヨークのBBクリームとか、ウォータープルーフマスカラとか、そういうのを手当たり次第買いました。

そしたらだんだん予算に迫ってくるので今度はプチプラ☆の王道、ちふれを選ぶわけです。これもなんかCMで聞いたことあるから。こういうときキャッチーなCMって人々の指針になるのですね。

初めてのお化粧ということですが、なかなかの働きをしてくれました。
しかしお値段相応な顔になるわけですよ。顔というか、顔付きが。
高校生のとき律儀にseventeenを買っておまけのカバンが中学生とかぶり、大学生のとき律儀にnon•noを買っておまけのカバンが高校生とかぶっていた私は、今の価値観ではまた逆行してしまう!と焦った。自分は一世代前にいるならたぶん陽キャというか、バレー部系女子になれてると思う。勿論戻れないから安定の陰キャですが(笑)まぁどっちみちあれだ、無理だ。

社会人になると自分で使えるお金が増えました。一家の大黒柱でもなんでもないのでね。
大学後半からはファンデーションはオルビスとか、そういうものに変えていたのですが、小金持ちになった頃から飛び跳ねてRMKにしました。ファンデーションだけで5千円したけど、買えないことはなかったし。

びっくらぽんだわ。
顔がトゥヤトゥヤになって気分もトゥヤトゥヤになりました。
なんか、他にも気をつけよう、って気持ちになるのよね。身だしなみとか髪の毛の振り乱し具合とか。
すごいわファンデーション。ハリとメリハリをありがとう。

今はお化粧大好きだから、ファンデーション以外もわりとデパコスに手を出してます。たまには背伸びしてもええやん。背伸びと言う名のご褒美と言う名の贅沢。

お笑い芸人さんとか、ちょっと自分の生活水準より高めの家に住むらしいです。そしたら自分もそのランクに持っていけるんだとさ。へぇー。私もファンデーションにリフトアップしてもらうべきか?知らんけど。

それでは聞いてください。
scandalで "Stamp!"

Stamp!

Stamp!