超低反発枕草子

25歳社会人3年目。行き場のない独り言の掃き溜め

反省だけなら猿でもする

こないだは仕事でこっぴどく怒られた。

理由は一昨年の資料と昨年の資料をまちがえたことだが、言い訳させていただくと、中身は一昨年のものだけど、タイトルが昨年のものだった。もっと早く確認したら気付けたけど、重要事項と見なされていなくて、突然思い出したかのようにその話が持ち上がって、慌てて用意したらまちがえた。要するに落ち着けば良かったわけですね。誰が悪いわけじゃないと優しい言葉を他の方からは言われたけれど、でもさぁ、ここでは言わせてよ、自分の中で邪悪と決めつけはしないけれど、せめて悪かったなぁと気づいて欲しかった人は何人か、いる。結局最後にババ、貧乏くじを引いた私の負けである。実にみじめで、実にかわいそうな私。ただ私は負けたのです。

 

こっぴどく叱られましたが、学生時代のバイトで怒られた時のほうがよっぽど怖くて、落ち込んだ。コップを割り、ケーキのクリームをえぐり、プロ意識は甚だ無く。あの時に鍛えられたのだろうか。そうならば、人はなぜ学生時代にバイトをするのだろう。就活でバイトバイト言うのだろう。私がバイトで学んだことは、接客業が向いていないこと、顔が覚えられないこと、働くとはひたすら心の筋トレをすること。それが役に立つ時が来たよヤッホーイ。接客業に就職しなかったし、顔は覚えなくていい内勤だし、こうして逃げ出さず真っ正面から怒られても「怖い」と全く思わない。やったー。完全勝利だ。

 

粛々と残飯処理をして、粛々と帰ることにした。

 

帰り道信号が青に変わったんだけど、救急車が通ろうとしていたので、少し待った。待っている人は私だけだった。

そしたら救急車から「ありがとうございます」ってマイクで言われた。

じわっとぐわっと突然こみ上げた。ありがとうと今日全く言われていなかったことに気づいた。ありがとうと言われるようなことをしていないことに気づいた。

 

ありがとうと言われたいから仕事をしているのか?そんなことないし、ありがとうと言われてもいいような接客業バイトはお金で成り立つ関係だからありがとうなんて言われても実感がわかない。ありがとうのために動いて言われるありがとうっていうのもへんな話だ。人はなぜ働く?働くとは、人間が人間でいていいと、社会のクソみたいな唸りの中にいてもいいと、誰も言ってくれないから自分で言ってあげてるような状態のことです。

 

何気ない行動に対してありがとうと言われるととてもあったかい。自分はまだまだ捨てたもんじゃないと気づく。性善説性善説

 

どうか救急車の方、無事でいてくれますように。